EPISODEⅡ:音頭とサンドイッチ!

EPISODEⅡ:音頭とサンドイッチ!

時は1968年、人類は木星に向けて旅立つ。その間に地上は蘇った死者達で溢れ大混乱。さらには猿が世界を侵略してしまう。
さらにさらに、海の底の楽園ペパーランドは横暴なブルーミーニーズの侵略により、自由と音楽が奪われてしまう。唯一難を逃れたフレッドは、イエローサブマリンに乗ってリヴァプールへ。そこで彼はビートルズと出会い、助けを求める…。

ごめんなさい、盛大に盛りました。
今回紹介するのはビートルズの映画『イエロー・サブマリン』(1968年・英)。

Yellow Submarine Original Trailer – 1968 (Beatles Official)

上記のあらすじの下半分が起こり、個性豊かなビートルズのメンバーが黄色い潜水艦に乗り込み、音楽と愛を武器にブルーミーニーズ軍団に挑むというお話。

小6の時に親父にビートルズを布教されて、見事にハマってからすぐ見た映画が今作。カラフルでシュールで独特な世界観に見事にやられたんだよね。これがサイケか!と。


今流通してるのは99年に作られたリマスター版以降のもので、それまでのやつには「ヘイ・ブルドッグ」のシーンが入ってないらしい。今じゃ信じられないね。
また、ビートル達は当初今作に無関心で(メンバーの声は別人が吹き込んでる)、いざ試写を見たらいたく気に入って本人達が出演までしちゃうという単純さ。
愛こそは全てってか!

タイトルとURLをコピーしました